フリーランスエンジニア・プログラマの為の確定申告

フリーランスエンジニア・プログラマの為の確定申告

フリーランスエンジニア・プログラマの為の確定申告

毎年、フリーランス(個人事業主)の方々を悩ませている「確定申告」。

フリーランスエンジニアとして働き始めて間もない方のなかには、“そもそも確定申告とは何かわからない”という人や、“何から始めるべきか、確定申告のやり方が知りたい”という人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、確定申告の基礎やすぐに青色申告できない理由、初めての白色申告でやるべきこと、『フリーランスエンジニアの確定申告あるある』までまとめて紹介。

忙しくて手がつけられていない、または準備を始めたものの混乱しがちだというフリーランス(個人事業主)の方も、この記事を見ればきっと準備できるはず。ぜひチェックしてみて下さい!

フリーランスエンジニア・プログラマがまずやる確定申告方法

  • 確定申告書類の提出方法を決める
  • コーヒー代も家賃も!全ての支払い領収書やレシートを集める
  • 領収書を科目ごとに仕分けする
  • 収入と経費を記した、簡単な帳簿をつける
  • 帳簿と領収書、レシートなどを保管する
  • 「確定申告書B」と「収支内訳書」に記入する
  • 書類に漏れがないか確認し、税務署に申告書を提出

確定申告ってそもそも何だ?

確定申告とは、個人事業主や法人が納税額を確定させる手続きのこと。

申告を行う前年の1月1日から12月31日までの1年間で得た所得(収入-経費)を税務署へ申告し、払い過ぎた税金を還付してもらったり、納め足りなかった税金を納付したりするものです。では、どんな人が確定申告を行う必要があるのでしょうか。

実は所得から基礎控除の38万円※1を引き、残額があるすべての人に申告の義務が発生します。もちろん会社員として仕事をしている分には勤務先の企業が手続きを一括で引き受けてくれるので、基本的に確定申告の義務はありません(副業をしているなどの例外あり)。しかし、業務委託で働くなど、会社に雇用されていないフリーランスの場合は自分で税務を行わなくてはならず、報酬が源泉徴収の対象になることも多いため、確定申告が欠かせません。

国税庁ホームページ:初めて確定申告される方

フリーランスの報酬に大きく関わる源泉徴収の仕組み

源泉徴収とは、給与や報酬などの支払者(企業など)が事前に受け取り者の所得税などを差し引いて、支払う制度のこと。差し引いた税金は、支払者が受け取り者に代わって納税します。皆さんも、請求金額のうち1割ほどが引かれて銀行口座に振り込まれていた経験があるかも知れません。それが源泉徴収です。

フリーランスの源泉徴収では、請求金額が100万円以下の場合、一律で10.21%の所得税が引かれて振り込まれる仕組みになっていますが、所得税の最低税率は5%※2。そのため確定申告をすることによって、実際の所得税額より余分に天引きされていたお金が、還付金として戻ってくるケースが多くあります。

フリーランスにとって、確定申告は余計に支払っていた税金を取り戻す貴重な機会なのです。

青色申告は届出無しではできない!「白色申告」と「青色申告」の違い

確定申告には「白色」と「青色」二種類の申告方法があり、どちらを選ぶべきかは初めて確定申告を行う人にとって最初の壁になります。

しかし、その前に把握しておかなければならないのは、“青色申告は事前の手続きなしにはできない”ということ。青色申告を行うためには、開業から2ヶ月以内か、その年の3月15日までに税務署へ申請する必要があり、確定申告ビギナーは見落としがちです。

知らずに白色、青色どちらで確定申告をするか迷ったり、誤って青色申告の準備を進めてしまうと、申告期限までの貴重な時間を無駄にしてしまうことになるので注意が必要です。

では、「白色申告」と「青色申告」の違いについて見ていきましょう。両者の違いをまとめると、次のようになります。

白色申告と青色申告の違い

白色申告

経費の計算が大まかでよしとされているため、青色申告に比べ手間や経理の知識はいらないが、特別控除がない。

青色申告

取引を細かく記載する必要があり経理の知識が求められるが、特別控除がある。

また、手間のかかる分、青色申告には白色申告にはないご褒美が存在します。

例えば家族に支払った給与を経費にできる「専従者給与」の申請額に上限がなかったり、赤字を繰り越せる「純損失の繰越控除」制度。さらにパソコンなど固定資産を購入した場合でも、30万円未満の品ならその年に一括で経費に組み込める減価償却資産の特例も。

確定申告の難易度と節税効果

申告期間に入ったこの時期に初めての申告準備をするとなると、ほとんどの人が白色申告を選ぶことになるはずです。次のページでは、フリーランスエンジニア1年生が初めての白色申告で実際に行うべきタスクを確かめていきましょう。

案件詳細検索

詳細条件追加

詳細条件

 

人気のお役立ち記事

これからフリーランスになる準備をする。

フリーランス

これからフリーランスになる準備をする。

フリーランスという働き方に興味を持っているみなさん。会社員は性に合わないと思っているみなさん。大学をでてすぐフリーランスになりたいみなさん。これからフリーランスになるなら、まずは「手に職をつけるための時間」を確保しましょう。わたしの経験からお話しすると、いきなり会社を辞めてフリーランスになるとか、なにもスキルがないまま学校を卒業してフリーランスになるのはチャレンジングな決断ですが、正直これって無謀ですよね。フリーランスになりたいと思ったら、まずフリーランスになるために必要な知識やスキルをつけるための「時間」を作りましょう。よく会社員からフリーランスになりたいと思っている人で、「毎日残業が多くてフリーランスになるための勉強ができない」と言い訳をする人がいますが、そんな状態を続けてたらいつまで経っても会社辞められませんよ。本気で独立を考えるのなら、どんな忙しい会社でもまず「自分の時間」を作りましょう。・朝の通勤中・昼の休憩・残業を1時間減らす目標を立てるなどなど、工夫次第で時間は絶対に作れます。よく「まわりが残業してるから自分も早く帰れない」という人がいますが、まわりの目を気にして自分の時間をつぶしてしまうくらいの覚悟なら、最初からフリーランスを目指すのはやめたほうがいい。よっぽど会社のタスクがありすぎて身動きが取れないのなら、転職も考えた方がいいです。それくらい今後のために自分の時間を持つことは大切なんですよ。大学生だって、大学の授業とバイトとサークルで1日終わってたら、いつまで経ってもフリーランスになるスキルは身につきませんよね。まずは「生計を立てるためのお金を稼ぐ仕事」と「やりたいことで稼ぐ仕事」の二足のわらじを経験するといいですね。やっぱり未経験で知識ゼロから始めるときって誰でも不安で自信がないです。その状態で会社を辞めるというのも覚悟を決めるという点ではチャレンジングな選択ですが、「やりたいことで稼ぐ」感覚を身につけてから本格的に独立でも全然いいと思うのです。ただその二足のわらじをしている時期は、慣れないことに挑戦したりしてかなり時間が足りなくなるので、今までムダに使っていた時間を洗い出して効率的に時間を使う工夫をしましょう。わたしも会社行きながらブログ書いたりクラウドソーシング(Web上で仕事を受注すること)やったりしている時期は、・寝る前のSNSをいじる時間をなくす・ぼーっとスマホを眺める時間をなくす・通勤などスキマ時間も勉強に充てるなどなどタイムマネジメントをやらざるを得ないくらいでした。まぁこうして時間を効率的に使えるようになると今後有意義な時間が格段に増えるので、結果的にはやって損はないですね。わたし自身も文章を書いた経験は一切なかったので、最初は会社以外の時間でブログを書きつつ、クラウドソーシングなどのサービスを使って在宅でできるライティングの仕事などを請け負ってやってました。※クラウドソーシング=インターネットを通じて不特定多数の人に作業の募集(仕事の依頼)をすること。ネットを通じたアルバイトみたいな感覚です。未経験からやるならまずはこうしたクラウドソーシングのサービスに登録して、自分のスキルを磨きながら力をつけていくといいですね。どちらも業界大手のクラウドソーシングサービスで、基本的には違いはほぼないんですが、両者で違う案件があったりするので、両方登録しておいて、良い案件を見つけた時にそっちに絞るってやり方でもいいと思います。自身の実績作りやスキルに自信をつけるには一度やってみるのがいいですね。まずはいまの生活スタイルに、「手に職をつけるための自分の時間」を作る。ぜひ実践してみてください。

案件特集

お役立ち情報

人気開発案件

人気検索ワード

企業様向け

Page Top
カンタン30秒無料会員登録!案件探しやフリーランスエンジニアになる為のご相談はこちら。